<湿疹>
医学的にアトピー性皮膚炎とよばれる「湿疹」は、アレルギーに起因する皮膚の炎症です。
一般的にアレルギー素因と乾燥肌の体質を持った人に、環境からの刺激が加わり発症し、幼児期から長期にわたり治療が必要になる人もいます。
たとえ体のどの部分にそれが現れようとも、湿疹は非常にかゆみを伴い、
幼児においてはかゆみを軽減するために皮膜を寝具またはカーペットにこすりつけたりする行動もみられます。
湿疹の原因は?
湿疹の原因の一つは、遺伝子と環境要因によるものと考えられています。一般的に患者の両親が他のアトピー(アレルギー性鼻炎など)症状を患っている場合、病気を誘発する環境要因とその遺伝子の性質の交互作用により発症する可能性があります。 ですので、重症度や発症頻度を最小限にするためには、下記のような環境下を避けることが重要です。


・夏から秋にかけての天気や湿度の変化
・温度が高く乾燥した環境
・刺激の強いソープや洗剤の使用、スイミングプールの塩素
・ウール生地の洋服
・皮膚感染     など
毎日のケア
湿疹症状のある方は、皮膚への負担を最小限に抑えるためのケアが必要です。例えば、入浴時。
極端に暑いお湯を避け、入浴は10分以内に抑えましょう。入浴後は、タオルで擦ることはせず、軽く叩きながら拭き取ることをお勧めします。
また刺激のない保湿クリーム/ローションを使用し、お肌のケアを心がけてください
皮膚のバリア機能の低下を抑え、環境要因から起こる湿疹予防に役立ちます。
湿疹の医学治療
<ステロイド外用薬>
ステロイドには、炎症を抑える効果があります。重症度や発症部位により様々な種類の強さのものがあり、患者の中には効果と副作用に懸念をもつ方もおられます。
しかし長い年月、毎日のように強力なステロイド外用薬を使用しない限りその心配はありません。
(もし強力なステロイドを使用続けた場合は、皮膚が薄くなったり、血管が大きくなったりする副作用がみられる可能性もあります。)

<免疫調整剤>
免疫調整外用薬は、湿疹の局所治療のため新しく開発された薬剤です。これは炎症やかゆみを起こすTリンパ球と呼ばれている白血球の活動を抑制します。
使用上の留意点があり、服用している間は日光の紫外線を避けなければなりません。
また妊娠中の女性は、皮膚科医と相談の上で使用してください。

<経口抗ヒスタミン薬>
これはかゆみの軽減に効果があり、患者が睡眠をとる際に使われます。

<経口抗生物質>
これは皮膚感染の徴候があるときに使われます。


Dermlは、湿疹症状のある方にも安全にご使用頂けます。
 
*上記どの治療を行うにも、あなたの病状や処置方法、薬の副作用等、皮膚科医の意見を聞き理解を深めることが大切です。
治療は療法の一部であり、環境要因からなる発症を防ぐために日々のスキンケアを心がけてください。